top of page

製品説明会@東京国際フォーラム

1月に開催した製品説明会の記事が新聞に掲載されました。



アンロードプラスは1月19日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで「荷積み2時間規制」に対応した製品の説明会を開催した。

同社は荷台そのものが地面に降りるシステムを開発し、特許を取得。岡本辰彦社長は「工場や倉庫からのトラック荷積み作業の時間が物流のボトルネックとなっている点に着目した」としており、フォークリフトも不要で、作業時間は10分ほどに短縮できる、作業に体力が不要で女性等でも対応が出来るため、人手不足の解消にもつながる点を説明した。

同社は社会課題解決に取り組みMIKATAプロフェッショナルズと提携、昨年5月に物流シッピング改善協議会を立ち上げた。

同協議会の小坂幸彦氏は、「コンセプトは『サンダーバード2号』のようにどこでも簡単に積降が可能なシステム。荷台の使用や各種業界ニーズへの対応も自在なため、現在、様々な企業と連携して現場展開が進んでいる」と話した。

当日の説明会では、参加者からは積載量や駐車スペースに関する質問が投げかけられ、同社長は模型などを用いて荷台システムを参加者に説明した。  (記事:荒沼 澪)

Kommentare


bottom of page